【50%OFF】 Kindle本 GWキャンペーン 詳しくはこちら

【実体験あり】早朝筋トレのメリット・デメリット

早朝筋トレをする男性

皆さんは1日のうちで、いつトレーニングをしていますか?

恐らく多くの方は平日夕方・もしくは休日の日中にトレーニングをされているのではないでしょうか?

私もトレーニングを始めた最初のうちは、仕事帰りの夕方にジムに通ってトレーニングをしていました。

ですが、この時間帯って恐らくご存じだと思うのですが、本当混むんですよね……。
予めメニューを決めて取り組もうと思っても、使いたい器具が使用中で待ち時間が長くて、結局ジムに2時間近くいて、実際にトレーニング出来たのは1時間あれば良い方ということがザラで、とても時間効率が悪いのです。

そんな時、そういえばせっかく早起きしているんだから早朝ジムに行けば人が少ないんじゃないかと思い、早朝営業しているジムを探して通ってみたところ、これが最高でした!

今回は朝の時間帯に筋トレをすることのメリットとデメリットについて、早朝筋トレ歴2年の[マサポコ]の実体験も交えながらご紹介したいと思います。

目次

早朝筋トレのメリット

メリットその1:早朝ジムは超空いている!

ハッキリ言って朝の4時とかからジムに通っている人ってほとんどいないんですよね。なので、結構貸し切り状態で使えたりします(最近はちょこちょこ増えてきていますが、それでも多くて同じ時間帯でも3人くらいですね)ベンチプレスも30分くらい占有していても全く気にすることなく、しっかりインターバルを取りながら追い込んだトレーニングが行えます

他の誰かが機材を使っていて、終わるのを待ってる必要もなく、自分の好きなペースで、予め組んだメニューの通りにトレーニングを実行できるので、時間効率がとても良いです。これは夕方の混んでいる時間と比較した最高のメリットなのではないでしょうか。費用対効果はその他の時間に比べて段違いに高いです!

また、このコロナ禍において空いていると言うことは、ソーシャルディスタンスが取りやすいことに繋がり、感染拡大防止に大きな効果があると言えますね。

メリットその2:代謝が良い状態で1日を送れる

人間は、一日の中で午前中に最もエネルギーを消費し、午後になって徐々にエネルギー消費量が低下していくという特徴があります。朝に筋トレをおこなうことで1日中基礎代謝を上げた状態で過ごすことができ、1日のトータル消費カロリーをグンと増やすことができます。基礎代謝が上がると言うことは、それだけ脂肪燃焼効率も上がるので、ダイエットに最適ですね。

メリットその3:寝付きが良く、熟睡しやすくなる

夕方~夜に筋トレすると、結構興奮状態になってしまい寝付きが悪いことがありますが、朝に筋トレすればそういった心配もありません。

また、筋トレで疲労が溜まるため、夜に熟睡できるようになります

睡眠の質が改善されたのは実際に私も感じており、睡眠計測アプリで確認したところ、睡眠効率の目に見えた上昇が確認できています。

特に大事な深い睡眠が良く取れるようになりました

メリットその4:筋トレが習慣化しやすい

筋トレは継続が何よりも大事なのですが、実際に継続をすることって意外と難しかったりします

仕事終わりに筋トレをしようと決めていても、肉体的に疲れていたり、嫌なことがあったりすると、やる気がなくなってしまうことってありますよね。

ですが、早朝筋トレは一日の始めの気力十分な時に行えるため、サボり癖が付きにくく、継続しやすかったりします。

かくいう私も、結構継続するのが苦手なのですが、かれこれ早朝筋トレは2年以上続いています。

早朝筋トレのデメリット

デメリットその1:午後に眠くなる

筋肉は疲労が溜まると早く回復しようという方向に働く為、高い負荷をかけすぎてしまうと、昼食後に極度の睡魔に襲われることがあります

筋トレに慣れてきたからといって張り切って取り組んでしまい、午後の仕事や授業などが手につかなくなってしまう人もいます。(実際に私も日によって午後に極度の睡魔に襲われることがありました)

対策としては、適度な負荷で行う事ですね。あと、眠くなったら休憩時間に仮眠を取るというのも良いと思います。

私も筋トレ頑張りすぎたなと思った日はとても眠くなりますが、午後の休憩時間に15分ほど目を閉じて仮眠を取るとスッキリしてまた仕事を頑張ろうと思えるようになっています。

デメリットその2:怪我のリスクが高くなる

起床直後は頭がまだハッキリと目覚めていない状態で、身体中の筋肉も温まっていない状態です。そのような状態で、高い運動負荷を筋肉をかけてしまうと、思わぬ怪我に繋がってしまう可能性があります。

まずは筋肉をしっかりと目覚めさせてから必ずトレーニングを行なう事が大切です

また、頭がすっきり目覚めていない状態だと、いつもと同じように筋トレをしているつもりでも、知らないうちに負荷をかけすぎていたり、体勢が整っていないうちに筋トレをしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

軽い負荷でのウォーミングアップをしっかりやるのはお勧めですね。

まとめ

朝の筋トレは、適切な形で行えば、気分もすっきりして日中の仕事にも集中しやすくなります

また、定期的な筋トレは、痩せる効果だけでなく、体型維持、基礎体力アップなどの嬉しい効果も期待できます。

筋トレのために早起きを頑張ろうと、自然と生活サイクルも整えていこうという意識も働くので、徐々に健康的な生活をしようとするような意識改革も期待できます。

是非この機会に早朝筋トレを取り入れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

ブログ村でランキングを見てみる!

PVアクセスランキング にほんブログ村
早朝筋トレをする男性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
目次
閉じる